三重県桑名市長島塗装の外壁塗装、屋根塗装について

ホーム > 外壁塗装について > 塗り替え時期

塗替えの時期を知る

塗り替え時期を知る

外壁の塗替え時期

まず、どのぐらいの年数で外壁や屋根を塗り替えるのがいいのかを知る必要があります。
一般的に、家の木部・鉄部は3年ごと。外壁は8年ごとの塗り替えが、住宅の耐久力を維持する理想的な時期と言われています。

一般的に新築なら8~10年。その後の塗り替えは、使った外壁塗料の種類にもよりますが、10~15年と言われています。

新築後最初の外壁塗装が8年が理想というのは、モルタルの乾燥伸縮、振動等により必ずといっていいほど、ヒビ割れが発生します(可動クラック)。これが、8年位経過すると収まってきます(可動停止クラック)。そして、新築時はその事を前提に、ほとんどの場合、耐候性の弱い仕上げ塗料を使っているので、8年位でヒビの補修と外壁の塗り替えを行うのが理想となります。

外壁塗装の劣化には塗膜の劣化と素材や建材の劣化があり、塗膜だけの劣化であれば塗り替えだけで済みますが、塗替えの時期が長くなる場合、素材や建材が劣化していると、その劣化具合によって修繕費用が余分に必要になってくることがあります。

塗り替え時期の目安

下表は、住まいの素材(部位)の種類別に応じた大まかな塗替え時期の目安です。

実際には市街地や山間部、沿岸部など建物の立地条件や紫外線のよくあたる南側や直射日光に当たりづらい北側など、同じ建物であっても面側によって劣化の進行度が異りますし、風の通りやすい場所や湿気のこもり易い場所など、状況によっても異なります。

外壁/サイデイング
約10年
外壁/ALCパネル
約10年
外壁/吹き付け
約6~10年
屋根/カラートタン
約10年
屋根:スレート(コロニアル)
約5~8年
木部
約3年
鉄部
約3年

塗り替えのサイン

塗替えの時期は、実は建物は屋根や外壁から必要なサインを出しているんです!
例えば、壁のひび割れは簡単にわかると思いますし、チョーキング(白亜化)と言って壁を触ると白く指に付いたりすることありませんか?
他にも壁や屋根に藻・コケが繁殖したり、鉄部のサビもそうですし、木部塗装の剥がれや破風板の破損なども挙げられます。
そんな建物からのサインを見逃すと、屋根・外壁だけでなく建物の内部まで傷んでしまい、工事料金がかさむことになることも少なくありません。
そうならない為にも、この機会にご自身でチェックしてみてください。
屋根など見えないところやご自身で判断できない時は、長島塗装へご相談ください!!

こんな症状見たことありませんか?

塗膜の劣化の順序

塗膜の劣化は、下記のような順序で起こってきます。

塗膜の劣化の順序

塗替えの時期は、段階4になる前が最適な時期と言えるでしょう。段階5の症状になるまで放置しておくと、塗替えの時期が過ぎ、外壁や屋根の修繕が必要になることがあります。素材自体の劣化や腐食が進んでしまっていると、塗替えるために、劣化した素材の交換や補修、余分な下地処理が必要になり、修繕の工程に応じて余計費用がかかってしまいます。遅くても段階4の症状が出始めた時には塗替えることをオススメします。
また、鉄部や木部は外壁や屋根に比べて劣化の進行が早いので、症状が出る前に定期的にご自身で補修塗装しておくことが、長持ちさせるコツになります。

塗替えの必要性
塗料の選び方を知る
ページトップへ戻る
Copyright(c) Nagashimatoso Inc. All Rights Reserved.